ETCカードを作れば便利!高速道路利用時のメリット③

   2017/10/31

ETCを導入する事によって得られるメリットは沢山あります。
前回は少し細かい点をご紹介しましたが、今回は一番重要である割引等に関する、ETCのメリットを考えてみたいと思います。
ETCの利用率が爆発的に増えた背景にはこの割引制度が大きな役割を果たしたと言っても過言ではありません。
これが出来たお蔭で、それまでは初期投資の割に大した見返りもないし……と躊躇していた人々も一気に導入に踏み切った実績があります。
それほどまでにこの割引制度のメリットは大きなものなのです。

◆ETCの割引制度

ETCを利用すると道路料金の割引制度が受けられます。

*主な割引について*
・平日割引…5回~9回利用で最大約30%還元、10回以上利用で最大約50%還元となる
・休日割引…30%割引
・深夜割引…30%割引

※ただし、各種割引には以下の様な適用条件があります。

【平日割引】
対応車種:全ての車種
対応日時:朝:6時~9時/夕:17時~20時
対応道路:NEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方の高速道路及び仙台松島道路(宮城県道路公社)
適応条件:①ETCマイレージサービスに登録済のETCカードを使用して、ETCゲートをETC無線通信で通過
②料金所入口、または料金所出口を6時~9時の間、または17時~20時の間に通過
③朝・夕の時間帯、それぞれ最初の1回に限り適用

【休日割引】
対応車種:普通車・軽自動車等(二輪車)限定
対応日時:土曜・日曜・祝日(終日)毎年1月2日3日
対応道路:NEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方の高速道路及び仙台松島道路(宮城県道路公社)
適応条件:①「普通車」又は「軽自動車」に該当する料金車種で、ETCが整備されているゲートをETC無線通信により通過
②土日祝にNEXCO3社が管理する割引対象の道路を走行時

【深夜割引】
対応車種:全ての車
対応日時:毎日0時~4時
対応道路:NEXCO東日本・中日本・西日本が管理する全国の高速道路及び仙台松島道路(宮城県道路公社)
適応条件:①ETC設備のある入口インターチェンジをETC無線通信で走行
②0時~4時の間にNEXCO3社が管理する割引対象の道路を走行

この他に通勤割引というものありました。

通期時間にETCゲートの出入口どちらかを通過すれば50%オフになるという制度だったのですが、2014年4月の改定によりなくなりました。
こうした事例から今後は改定によっては割引制度が増えたり減ったりするかも知れません。
どちらにしても現在はこれだけの割引制度があるので、活用しない手はないですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!