ETCカードの利用方法と使い方

   2017/10/31

さて、ETCカードがどのようなものか理解し、「お得な事が多いみたいだし、とりあえず使ってみよう」という気持ちになった貴方。
いざETCデビューと言っても具体的に何を用意して、どう利用すればいいのかわかりますか?この段階で「なんだか面倒くさそう」、という理由で躊躇してる方も多いと思います。
今回はそんな方の為に具体的なETCカードの利用方法と、その使い方をご紹介しますね。

◆ETCカードの利用方法について

ETCを利用するためには必要なものが大きく二つ存在します。

一つ目は自動車に取り付けるETC車載器(ETCカードを差し込む機械)です。
これはあらかじめ車載器が導入されている(車両一体型)車以外は後付けで、カーショップまたはディーラーで購入し、取り付けてもらうのが一般的です。
然程大きな機械ではないので設置は直ぐに完了します。
その後、セットアップ(ETC車載器を利用する車両のナンバーや車両サイズ等を暗号化して、ETC車載器に書き込むこと)をして、準備は完了です。
取り付け、セットアップには車載器購入費用とは別に料金が発生するので注意。

二つ目は車載器に挿入して使うETCカードです。
基本的にはETCカードを発行しているクレジットカード会社に申し込むのが一般的です。
ETCカードだけの役割を果たすものと、クレジットカードと一体になっているものが多いですが、それぞれのメリットデメリットがあるので自分に合った方を選びましょう。
以上が「ETCカードを利用するまでにしなければいけない事」です。
ETCカードがあればすぐ使えると思っている方も多いようですが、それだけではETCを利用することは出来ません。
ETCカードとETC車載器の両方揃って、初めてETCが利用できる、という事を覚えておいて下さいね。

◆ETCカードの使い方

ETCカードの使い方は至って簡単です。
用意したカードを車載器に挿入し、ETC専用レーンを走行する。
ただそれだけです。
挿入する際に注意する事はETCカードの向きに気を付ける事とカードの有効期限を常に頭に入れておくことです。
大抵の車載器は間違った方向でカードが刺さっていたり、有効期限が切れていたりすると忠告してくれますが、そうでない機種もあります。
ETCゲートを通過しようとして初めて気づいて冷や汗をかく、なんて事は良くある話なので、チェックは怠らないようにしましょう。
特にカードの期限切れはすぐに対処が出来ない場合がありますので余裕をもって新しいカードを用意しておくことが重要ですね。
導入までは色々と手間がかかりますが、一旦設置してしまえば後は簡単便利に使う事が出来るETC。
気軽に遠出を楽しむためにも是非検討してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!